Speakers

Victoria Vesna - University of California, Los AngelesUS
Victoria Vesna - University of California, Los AngelesUS
Victoria Vesna - University of California, Los AngelesUS
Victoria Vesna - University of California, Los AngelesUS

Victoria Vesna - University of California, Los AngelesUS
Victoria Vesna - University of California, Los AngelesUS
Victoria Vesna - University of California, Los AngelesUS
Victoria Vesna - University of California, Los AngelesUS

Victoria VesnaUS

Victoria Vesna博士は、アーティストであり、UCLAデザイン・メディア・アート学科の教授兼、アート学部Art|Sciセンターとカリフォルニア・ナノシステム研究所(CNSI)のディレクターを務める。初期に画家としての訓練を受けた後(1984年ベオグラード大学美術学部にて)、好奇心旺盛な探求心から、分野と技術の間に存在する実験的な創造的研究と定義される作品を生み出す道に進む。インスタレーションを通して、コミュニケーションテクノロジーが科学的イノベーションに関連した集団行動やアイデンティティの変化の認識にどのように影響を与えるかを調査している(2000年ウェールズ大学CAiiA_STAR博士号取得)。彼女の作品は、作曲家、ナノ科学者、神経科学者、進化生物学者との長期的な共同作業を含み、その経験を学生たちにもたらしている。過去10年間で20以上の個展、70以上のグループ展、20以上の論文発表、100以上の講演を行う。また彼女はAI & Societyジャーナル(Springer Verlag, UK)の北米編集者であり、2007年にはMinnesota Pressから編著書『Database Aesthetics: Art in the Age of Information Overflow』を、2011年にはIntellect Ltdから『Context Providers: Conditions of Meaning in Media Arts.』(Christiane Paul、Margot Lovejoyとの共編)を出版。現在は、オンライン講義クラスをベースにした『Art Science & Technology』シリーズに取り組んでいる。

Who

Victoria Vesna博士は、アーティストであり、UCLAデザイン・メディア・アート学科の教授兼

MUTEKs

Tokyo: 2020